名古屋市南区 ホルモンバランスの乱れ

【完全予約制】Tel:050-5240-8887

名古屋市南区 ホルモンバランスの乱れ

2017-04-22

ホルモンバランスの乱れも不妊にも大きく影響する?

精神的・身体的な不調が現れる原因のひとつとして考えられているホルモンバランスの乱れですが、実は不妊にも大きく影響する問題なのです。
大きく分けるとエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンのバランスで、女性の体はコントロールされていると言えます。
女性らしいからだ作りを助けるホルモンがエストロゲンで、生理周期においては低温期に多く分泌されて、受精に向けて卵子の成長などの準備を促進します。
初潮から30代半ば頃まで活発に分泌されて、それ以降は少しずつ分泌量が減少していきます。
もうひとつのプロゲステロンは、生理周期においては高温期に多く分泌されて、子宮内膜を柔らかくして受精卵が着床して妊娠を維持できるように働きかけてくれるホルモンです。

この2つのホルモンバランスが崩れてしまうと、月経前症候群・月経困難症・生理不順・無排卵・子宮内膜症などの原因となって妊娠しづらい体になります。
またエストロゲンの分泌量が少ないと十分に卵胞が育たなく排卵が起こらなくなりますし、プロゲステロンが少ないと着床しづらくなる可能性があります。
ちなみに月経から排卵まではエストロゲンが増えて、排卵から次の月経が起こるまではプロゲステロンが増えるというのが正常なホルモンバランスです。
このようにエストロゲンとプロゲステロンがバランスよく切り替わることで、正常な生理周期が繰り返され保たれることになるのです。
つまり、妊娠を望むのならホルモンバランスを整えることが大切と意識して、普段からホルモンバランスに気を配り生活習慣を正すことが大事になるのです。

では具体的にどのような方法で、ホルモンバランスを整えることができるのでしょうか?
精神的なストレスや疲労の蓄積がホルモンバランスの乱れを引き起こす一番の原因なので、ストレスや疲労を解消するためにしっかりと体を休めることが大事です。
規則正しい生活を心がけて十分な睡眠をとり、趣味に没頭したりリラックスしたりする時間を確保することです。
栄養の過不足や加工食品に含まれる化学調味料などによりホルモンバランスが乱れることもあるので、栄養バランスが取れた食事を規則正しく食べることが大切です。
自分の体を作るのは食べ物と意識して、女性ホルモンの生成に関係する食材を積極的に摂取することです。
大豆製品・牛レバー・カツオ・マグロ・アーモンド・モロヘイヤなどがおすすめの食品です。

血行が促進されてホルモンバランスを整える効果が期待できるので、適度に体を動かすことも大切なことです。
できる限り週に1~2回程度は、ヨガやストレッチなどの軽めの運動を心がけることです。
子宮周辺の血行不良がホルモンバランスを乱す要因になるので、毎日湯船に浸かって体を温めたり、腹巻やカイロなどを使用して体を温めたりすることも大事です。
その他、ホルモンバランスを整える薬・漢方・サプリメントなどを服用するのもひとつの方法です。
ホルモンバランスの乱れが不妊にも大きく影響すると認識して、自分に適した方法でホルモンバランスを整えることです。

名古屋市南区 ホルモンバランスの乱れなら、「くろねこレディース鍼灸院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

「完全予約制」となっておりますのでご予約いただくと、お待たせすることなくご利用頂けます。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

名古屋市南区の不妊鍼灸「くろねこレディース鍼灸院」へのお電話はこちら

住所 〒457-0862 愛知県名古屋市南区内田橋1丁目3-4
電話番号 【完全予約制】050-5240-8887(予約専用)
営業時間 月曜日~土曜日 9時~20時
日曜日9時~12時のみ
電話受付時間 いつでもOK
定休日 不定休
最寄駅 地下鉄名城線「伝馬町駅」徒歩7分
名鉄常滑線「豊田本町駅」徒歩7分
駐車場 お客様専用駐車場4台有り

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



名古屋市南区 不妊鍼灸なら
「くろねこレディース鍼灸院」

住所:〒457-0862
愛知県名古屋市南区内田橋1丁目3-4

【完全予約制】
050-5240-8887(予約専用)




MENU

MAIL

TEL
HOME